Exceed Value  人事支援のスペシャリストが貴社をトータルサポート

エクシード バリュー 人事支援のスペシャリストが貴社をトータルサポート

エクシード バリュー

HomeHOME > 業務改善のスペシャリストは社内で育成! > 研修を誰に依頼するのか?

研修を誰に依頼するのか?

● 「どんな講習」より「誰に依頼するか」 企業においてしばしば行われるビジネスマン研修は、
新入社員および内定者から中堅社員、管理職までのあらゆる社会人を対象とした、
職業人としてのスキルアップに欠かせないトレーニングであるとの認識が浸透しています。
しかし一般的な研修は、熱意を持って参加すれば必ず成果や実績につながるとは限らず、
大なり小なりの不満が残る場合も少なくないのが現状です。
よくある研修の失敗例としては、研修内容がニーズやトレンドに見合わないものであったり
実務に役立たないか、活用の機会がないものだったりしたために、
結果的にはプラスの貢献が見られないというケースです。
また、研修の成果が見られないことについて、社内や幹部からクレームが発生することもあります。
成果が上がる研修とは、その内容が企業の現状と問題解決にジャストフィットしていることが重要です。
ところが現実には、社外のセミナープログラムのどれを選ぶかということばかりに目がいきがちで、
「どんな講師に依頼するのが最適か」という、
もう一つの重大なチェックポイントに気がついていません。

● 人事顧問が研修を行うメリット それなりにキャリアのあるプロのセミナー講師であれば、
理論的なメソッドに基づいたスキルアップ研修はこなせますが、
中には類型的で予定調和な結論に導いて終わるものがあり、
場合は多様で複雑な現場の問題には対応できないことがほとんどです。
また、アフターフォローが表面的になるために、
フィードバックが不十分なまま放置されがちなことなども、
外部講師による研修の弱点と言うことができます。
すると研修で社内の問題解決を図る場合は、
自社の内情や業務フローに通じた人材のほうがより直接的で的確なレクチャーができ、
有益な結果につながるということになります。
課題やトラブルが起こる背景を理解し、
社風や人間関係、問題の核心を把握できる人物が講師を務める研修ならば、
事態を解決に導く方策を見つけやすいのは当然です。
業績向上のためには社員が一丸となって同じ目標に向き合わねばならないので、
新入社員から経営者までの意思統一が徹底していることも大前提になりますが、
社内の事情をよく知る人事顧問であれば、全社員を対象に一貫性のある研修がしやすくなります。
その日だけの雇われ講師ではなく、会社と密接に関わりを持った人事顧問を起用することは、
現場と研修結果とが齟齬をきたす事態を回避し、
将来的に「本当に役立つ」ビジネスマン研修を実現します。
研修についての発想を転換し、まずは日頃から自社の状況に精通している人事顧問を配置しましょう。

 ページの先頭へ

経験豊富なコンサルタントが『貴社の人事責任者』として課題解決を実現します