Exceed Value  人事支援のスペシャリストが貴社をトータルサポート

エクシード バリュー 人事支援のスペシャリストが貴社をトータルサポート

エクシード バリュー

HomeHOME > 業務改善のスペシャリストは社内で育成! > ビジネスマン研修は受講の「その後」こそが大切

ビジネスマン研修は受講の「その後」こそが大切

● 「やりっ放し」の悪評高いビジネスマン研修 新入社員や中堅社員、管理職までを対象としたビジネスマン研修は、人材育成の基本としてほとんどの企業が積極的に実施しています。
ところが、研修後の経過に対するアフターフォローが不十分なために、せっかくの成果が現場に反映されないで終わる例が少なくないとの指摘があるのも事実です。
たとえば新入社員の場合は、入社直後ということもあって社内の実態を把握できていないのが普通で、研修では講義を聴くだけで終わってしまいます。
また、現場に配属後は慣れない環境での不安やとまどいの中、目の前の業務に追われ、研修の内容などは置き去りにされがちなのではないでしょうか。
中堅社員の場合も、研修後に職場に戻ったとたんに日々の業務に忙殺されたり、惰性に陥ったのでは元の木阿弥です。
そうなると多忙な管理職においてはなおさら、意識だけで研修内容を実践に結びつけることは難しいと言わざるを得ません。

● 講師選定の重要性 ビジネスマン研修においては、アフターフォローを視野に入れたカリキュラムであるかどうか重要ですが、その日だけ雇われた外部講師による研修では、講師がその後の状況にまで細かく目を配ることにはかなり無理があります。
また、フォローアップ研修を別途実施しても、リアルな課題や人間関係が絡むような悩みに対し、外部講師がどこまで対応できるかについては不安が拭えないのではないでしょうか。
研修のアフターフォローの意義と目的は、現状の見直しや問題点の洗い出しといった「復習」を行うことで、あらためて現状改善へのやる気を再確認することです。
そして、研修の講師が社内の事情に通じた人事顧問であれば、こうしたフォローも容易です。
社内で顔を合わせた折に、「その後、どういう状況?」と気軽に声をかけるだけでも、フォローアップ研修に匹敵する効果が得られる場合もあります。
また人事顧問が講師の場合には、研修後に浮上した問題に向き合ったり、実践において周囲の理解が得られない場合に調整役となることで、研修の成果を目に見える形にすることができるのです。
ビジネスマン研修では、「最初の研修で学んだことを現場でどう実践するか」と、さらに「そのことによって生まれた課題にどう対処するか」は両輪の関係にあります。
ケースに応じてきめ細かな対応ができる人事顧問を研修講師として活用することは、長い目で見て有益な投資であると言えるでしょう。

 ページの先頭へ

経験豊富なコンサルタントが『貴社の人事責任者』として課題解決を実現します